富士山写真の英姿富士トップに戻る

【富士山写真】

【撮影助手 ライカ&マミヤ】

 
雑誌の定期購読はこちらから
 
 
 

富士山写真の始め方・・・その2

富士山撮影のオススメカメラ

富士山写真には中判カメラをオススメします。
中判カメラって言われてもよくわからないですよね?ぼくも最初はそうでした。

普通皆さんが使っているカメラは35mmフィルムを使ったカメラです富士山写真には中判カメラが最適。(もしかしてデジカメかも。)

35mmフィルムって言うのは大きさのことで約幅35mm、高さ21mmの大きさです。

中判カメラのフィルムの代表的な大きさには幅6cm、高さ4.5cmの大きさのものと幅7cm、高さ7cmの大きさのものがあります。
(他にも6×6とか8×6などがあります)

図に示しました通り中判カメラは35mmカメラと比較して圧倒的な高画質が得られます。

富士山の雄大な姿を写真で表現するにはやはり四つ切り(大体A4ぐらいの大きさ)以上の大きなサイズにプリントするといいですね。

そこで、英姿富士が独断で選ぶベスト富士山写真カメラは、ずばり!!PENTAX67Uです。

富士山写真に最適なカメラ

ちょっと見た目は普通のカメラみたいに見えますが明らかにでっかいです。

富士山写真においてこのカメラを使っているカメラマンはとても多いので撮影に行ったら少し注意してみてください。

このカメラでもっとも魅力的なのはゴーストの入りにくいレンズ(マクロ135mm)です。

英姿富士のトップ画像にあるようなダイアモンド富士は太陽を直接画面に入れて撮影しますので、ゴースト対策は頭の痛くなる大問題なのですが、このマクロ135mmレンズはゴーストが入りにくいという点で富士山カメラマン必携のレンズなのです。

絶対にPENTAX67Uと135mmマクロレンズは押さえて下さいね。
とりあえずこれがあればがんがんダイアモンド富士撮れます。

マクロ135mmが逆光に強い理由は『レンズの構成枚数が少ない』ことがひとつあげられるます。
ズームレンズは、レンズの枚数が多いので逆光に弱いのです。

富士山の写真に最適なPENTAX67U用のレンズ ベスト3
1位
PENTAX SMC67 135mm F4 マクロ

ダイアモンド富士を撮るときにゴーストが入らないので富士山の写真にこのレンズは外せません。
意外と使い勝手のいい画角です。
またマクロレンズなので富士山が出ていないときには花や昆虫を接写してもいいですよ。
2位
PENTAX SMC67 90-180mm F5.6

ズームレンズは邪道みたいにおっしゃる方もいますが、このレンズは描写も良く画角がちょうどオールマイティーに使えて便利。ただし逆光時には強い赤いゴーストが出ますので充分ファインダーをのぞいてゴーストを確認&対策してください。
3位
PENTAX SMC67 300mm F4

富士山の山頂と山肌の迫力ある写真には、望遠レンズはやっぱり欲しいです。望遠レンズを使うときにはブレに充分気をつけて、三脚を特にしっかりした『HUSKY 3段三脚 #1003 (ハスキー3段)』などを使ってください。ミラーアップを忘れずに。

ここでやたらとペンタックスの67Uのことばかり書いていてカメラを持っていないじゃないか。とメールでお問い合わせをいただいたのですが、ちゃんと持ってます。多分富士山カメラの紹介ページを作っていないのでそのように勘違いをされてしまったのでしょう。67は古いほうとUの両方を持ってますのであしからず。次はフィルムやカメラバッグ、小物などを紹介します。

 

富士山写真の始め方続きはこちらから>>

Since 2002
Copyright (C)英姿富士
http://www.fuji.ac